HOME > 当楽団について > 指揮者・音楽監督

指揮者・音楽監督

IMG_2321.png

常任指揮者・音楽監督

河邊 一彦

作曲家・指揮者
1954年3月27日 宮崎県に生まれる。
大分県立芸術短期大学付属緑ヶ丘高等学校音楽科、武蔵野音楽大学音楽学部器楽科においてクラリネットを専攻。
クラリネットを故千葉 国夫氏に師事。

1977年10月から2014年3月まで海上自衛隊に在籍し、クラリネット奏者、指揮者として国内外において演奏活動を行った。
この間、1990年には、東京藝術大学音楽学部(聴講生)、2003年から2005年には桐朋学園大学音楽学部(指揮研究生)において、指揮法、作曲理論等を学ぶ。

2010年3月から2014年3月までの間、海上自衛隊東京音楽隊長として日本各地において演奏活動を行うとともに、国内外吹奏楽作品の録音を積極的に行った。
特に、「祈り 〜 未来への歌声」(UNIVERSAL CLASSIC & JAZZ UCCY-1032)は、「第55回日本レコード大賞」企画賞、「第28回日本ゴールドディスク大賞」クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー、「第6回CDショップ大賞」クラシック賞の3冠を受賞した。
また、本アルバム等による吹奏楽界への貢献から、2014年度「第24回日本管打・吹奏楽学会アカデミー賞」演奏部門を受賞した。

作曲家としては、ジャンルにとらわれない歌心あふれた作品を発表し、吹奏楽コンクールやコンサートなどで取り上げられている。
特に、「歌と吹奏楽」の融合を意図した「交響組曲 高千穂」第2曲 仏法僧の森、「嵯峨野〜ソプラノと吹奏楽のために〜」などは吹奏楽の新しい可能性を追求した作品として注目されている。
なかでも東日本大震災のために作曲された「祈り 〜 a Prayer 」は、ギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、東京ヴィヴァルディ合奏団、ニュージーランドのソプラノ歌手ヘイリー・ウエステンラ等のコンサートでも取り上げられている。

編曲家としては、マーラー作曲「交響曲第1番 ニ長調」全曲版が、東京佼成ウインドオーケストラ第118回定期演奏会(2014年2月)で演奏された。

2014年7月22日、近年の作品を集めた作品集DVD(海上自衛隊東京音楽隊 河邊 一彦 作品集 交響組曲「高千穂」PTDVD14002)がPALS東京から発売された。


21世紀の吹奏楽”響宴”会員
一般社団法人日本著作権協会準会員
一般社団法人日本吹奏楽普及協会相談役



名誉音楽監督

上原 圭詞

和歌山市出身、大阪音楽大学付属高校器楽科トランペット専攻〔 故斉藤広義氏に師事〕を経て、武蔵野音楽大学〔故野崎季義氏に師事〕を卒業。大学時代に佐藤保とブルースカイ〔 フジプロダクション〕に入団し、後にABC交響楽団で活躍。

大学卒業と同時に東京交響楽団に入団〔 題名のない音楽会等に出演〕。同年から吹奏楽の指導育成にも尽力。編曲法は渡辺篤氏、指揮法はD. ハウエル氏に師事。

1970年東京アンサンブルアカデミーの発足に力を入れ、1971年2月シカゴに留学〔 シカゴシビックオーケストラ在籍=音楽監督兼指揮:G. ショルティ〕。

A. ハーセス〔 元シカゴ交響楽団首席トランペット奏者〕、V. チコヴィッチ〔 元シカゴ交響楽団副首席トランペット奏
者〕両氏の現役時代に師事。ハーセス氏には特にブレス法、演奏法、アンサンブルを学び、また全米管楽器クリニッシャンとして権威あるチコヴィッチ氏には管楽指導法を学ぶ。

1972年7月欧州を視察して帰国。東京交響楽団、日本フィルで活躍と同時に東京アンサンブルアカデミーにて指導。1974年東京リサーチ合奏団の発足に力を入れる。1976年~1993年東海大学吹奏楽研究会の音楽監督兼常任指揮者となり、1983年~1992年まで横浜市消防音楽隊〔 専務隊〕楽長、1992年~1997年まで流通経済大学吹奏楽部の音楽監督兼常任指揮者を歴任、1985年から当団の音楽監督兼常任指揮者として活躍。

吹奏楽用に編曲された曲は数多く、当団でもしばしば演奏されている。中学、高校、職場等の指導にも力を惜しまず、またレコーディングディレクターとしても幅広く活躍をされている。

プリモ アンサンブル東京には創設当初から、2018年3月まで常任指揮者・音楽監督として尽力された。

全日本吹奏楽指導者協会会員





contact.png

プリモ アンサンブル東京は、多くの方々とのつながりを大切にしています。私たちと共に演奏したいという方、私たちの演奏をお聴きいただいた方からのご意見などございましたら是非ご連絡ください。

入団希望のお申し込み入団希望のお申し込み

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ